Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
出産

個人病院と総合病院 出産場所はどっちを選ぶ?

ひとみ
ひとみ
私は出産する病院を選ぶ時、地元の友達の口コミなどを聞いて
個人病院に気持ちが傾いていました!
しかし、母親の強い要望で総合病院で出産することになりました。幸いとても評判の良い先生で不安や不満はないのですが、
個人病院と総合病院それぞれどのような特徴があるのか気になったので
簡単に調べてみました。

個人病院

個人病院のメリット

・ご飯が美味しい

場所によっては、高級レストラン並みの食事を提供してもらえるところがあるみたいです。

・エステなど特別サービスが受けれるところが多い

産後のボロボロの体を癒してもらえて母体の回復も早くなるんじゃないでしょうか。

・こぢんまりしていてアットホームな感じがする

・完全個室で設備が綺麗なところが多い

個人病院のデメリット

・総合病院に比べて、費用がかかる

出産育児一時金+数十万ほどかかるところがほとんどです。

ご飯・エステ等受けられるサービスが多いため致し方ないかもしれません。

・緊急時に対応に時間がかかる可能性がある

緊急時に総合病院に搬送される場合もあるため、その場合は時間がかかりますね。

・人気の産院の場合、混雑する場合がある

総合病院

総合病院のメリット

・様々な診療科があるため、何かあった時にすぐに対応してもらえる

産婦人科だけでなく、小児科やその他多数の診療科があるため、緊急時等すぐに対応してもらえます。

・個人病院に比べて、費用が安い

帝王切開や入院延長などを除いたら、出産育児一時金内でまかなえる場合がほとんどのようです。

産後お金がかかるので少しでも費用を抑えられると助かります。

総合病院のデメリット

・入院時のご飯が美味しくないところが多い
病院食は美味しくないというイメージがあります。どうせなら、美味しいご飯が食べたいですよね。
・お会計時など、待ち時間が長い
多数の診療科があるため、どうしてもお会計には時間がかかってしまいます。

 

ひとみ
ひとみ
こうやってみてみると、総合病院は安心感
個人病院はサービス内容の充実 が一番大きなメリットだと思いました。今回は総合病院で出産予定ですが、二人目は個人病院で出産してみたいなと個人的に思っています。