Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
子育てのお金

子育てのお金について!出産までにかかる費用はいくらなのか?

ひろ
ひろ
妻が妊娠してから出産にかかる費用など
調べて勉強してみました!!
今後出産を控えている方や妊娠する方は
読んだ方がいいです!!

健診費はいくらかかるのか?!

妊娠期間を健康に過ごし、元気な我が子を出産するために妊娠初期から病院に通います!

期間は妊娠初期から出産までの14回程度の妊婦健康診査を受けます。

妊娠、出産にかかる費用は、経過が順調であれば健康保険は使えません。

健康保険は治療を対象したものに適用されるからです。

そのため妊婦健康診査は1回あたり3000円〜5000円、検査項目が多い時は10000円を超える額になる場合もあります。

 

こうした発生する費用の負担を減らすために国や自治体による助成があります。

14回までの健康費助成は、本来緊急措置でしたが、現在はすべての自治体で14回以上の助成をしています。

助成回数無制限という自治体もあるそうです。

住んでいる自治体の情報はこまめに確認して最新の情報を知っていきましょう!

分娩・入院費はいくらかかるのか?!

分娩、入院費にも健康保険は適用されません。

分娩、入院費にかかる費用は平均で42万円を超える金額がかかります。

ただし、健康保険から出産育児一時金が給付されますので安心してください。

結果的に出産育児一時金で充当できます。

 

現在の出産育児一時給付金は基本額が42万円になっていますので、病院側へ支払う金額をかなり補ってくれます。

また現在では事前に手続きをしておくことで、出産育児一時金を医療機関が受け取る直接支払制度が基本となったため

分娩、入院費の多額なお金を一時的に立て替える必要がなくなりました。

 

しかし病院によっては、平均額を上回る分娩、入院費が必要な場合もあるので事前に確認して自身の予算に合わせて病院を選ぶことがいいでしょう。

出産が深夜遅い時間や早朝、祝休日になった場合は割増料金が加算されるので、こちらも事前に確認しておきましょう!

 

[getpost id=”520″ title=”あわせて読もう!”]

 

ベビー関連グッズの費用も?!

生まれてくる赤ちゃんの肌着やオムツ、授乳関連用品など赤ちゃんが生後1~2ヶ月過ごすのに必要なものやチャイルドシートや抱っこ紐などの移動に必要なもの、布団やベビーベットの寝る際に必要なものなどが初期は必要となります。

マタニティ用品や新生児期のベビー用品は使う時期が限られているの、レンタルやお下がりなどを利用するご家庭もあるそうです。

我が家は1人目ということですべて新品で揃えました!

出産準備用品で平均10万円ほどかかっているそうですので、10万円を目安に考えておくといいかもです!

 

 

 

 

里帰り費用も必要!

私のように妻が里帰り出産の場合は、妻の実家に通う必要があります。

新幹線や飛行機代などの交通費などが費用として発生してきます。

出産後子供にもちろん会いたいため、その都度交通費がかかってくることも頭に入れておく必要があります。

 

 

ひろ
ひろ
事前にかかる費用を知っておくことで
計画性を持った準備ができるようになるので
妊娠している奥さんがいる旦那さんは知っておいて
出産で大変な奥さんをサポートしてあげてください!
助成金や給付金の手続きについて?!妊娠が判明したら確認しよう 妻(ママ)の仕事の有無によって手続きが異なる?! 専業主婦ママ ...