Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
子育てのお金

子育てのお金について!!!乳幼児医療費助成とは?

ひろ
ひろ
生まれてきた赤ちゃんが生まれつき体が弱かった場合の

医療費とか援助あるのかな??
と思い調べているうちに乳幼児医療費助成という
医療費の負担をサポートしてくれる制度があることが分かりました!!

乳幼児医療費医療費助成とは?!

乳幼児が医療機関で診察や治療を受けた際の費用を一部または全額自治体が負担をしてくれる制度です。

これも妊婦健診の女性と同様に助成の方法や対象機関などは自治体によって異なるそうです。

 

助成方法には健康保険証と乳幼児医療証を提示すればその場で助成を受けられる場合と

窓口で一旦全額を支払った後に、後日領収書とともに申請書を市区町村の役所に提出し返還してもらう場合の2つケースがあります。

 

対象年齢も小学生卒業まで、中学卒業するまでなどこちらも自治体によって異なります。

助成方法や対象年齢は変更になることもあるため、自治体の発行する広報誌などは、定期的に目を通しておくことをオススメします。

乳幼児医療費医療費助成はいくらもらえるのか?!

助成額も助成期間と同様に自治体によって異なります。

かかった医療費の全額を助成してくれる自治体もあれば、1回につき〇〇円と決められた一定額を引いた差額分を

助成してくれる自治体など様々です。

市境に住んでいる場合など他の自治体の医療機関にかかった際は、助成に制限を設けている自治体などもあります。

また後日申請することで居住地の自治体の助成相当分を返還してくれる自治体などもあります。

 

所得に応じて助成額が異なる場合もあれば、所得制限を設けているケースもあります。

こちらも自治体の発行する広報誌などは、定期的に確認し最新の情報を集めておきましょう。

乳幼児医療費医療費助成が受けられる条件は?!

国民健康保険や会社の健康保険など、いずれかの健康保険に加入していることが条件となります。

生後すぐに病気をした場合でも助成を受けられるように、生まれたらなるべく早めに加入させて、

住んでいる市区町村の役所へ手続きに行きましょう。

休職中のお母さんで、お父さんとお母さんの健康保険が別々の場合は原則として、収入が多い方の被扶養者にします。

 

加入の手続きが遅れた場合は、さかのぼって助成が受けられるかは自治体によって異なります。

健康保険に加入した日から助成が始まる自治体もあれば、

出生日から助成が始まる自治体もあるので、助成の手続きの方法については、妊娠中に調べておくことをオススメします!

 

ひろ
ひろ
自治体によって内容が異なるので、住んでいる自治体に
確認をしておくことが重要ですね!!

乳幼児医療費医療費助成の手続きについて!!

出産前

自分が住んでいる市区町村の助成内容や手続きの方法を、役所の窓口やホームページで確認しておきましょう。

 

出産後

■赤ちゃんの保険加入手続き

勤め先の健康保険に加入している人は、勤務先の総務部や健康保険組合で手続きを行います。

国民保険に加入するしている人は役所で手続きを行います。

 

■赤ちゃんの健康保険証を受け取る

手続き後しばらくすると、健康保険証が届きます。

健康保険証の到着目安も手続きの際に確認しておくことをオススメします。

 

■助成を受ける手続きを

受け取った健康保険証を持参して、役所で助成を受ける手続きをします。

まだ健康保険証が届いていない場合は、後日コピーを郵送することで手続きが可能な自治体もあります。

 

■乳幼児医療証が届きます

手続き後しばらくすると乳幼児医療証が届きます。これを医療機関の窓口に提示すると

助成を受けることが可能です。

自治体によっては乳幼児医療証を使用しないケースもあります。