Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
子育てのお金

助成金や給付金の手続きについて?!妊娠が判明したら確認しよう

ひろ
ひろ
妻が初めての妊娠だったので、
行わないといけない手続きなどに手こずってます。
今後出産を控えている人のためにも、
我が家の第二子の際にも確認できるように
手続き関連について調べたことをまとめていきます。

目次

妻(ママ)の仕事の有無によって手続きが異なる?!

ひろ
ひろ
調べていくと妻(ママ)の仕事の有無によって
手続きが異なることが分かりました!
【専業主婦ママ】
【仕事継続ママ】
【仕事退職ママ】
のタイプによって手続きが変わっています。それぞれのママのタイプ別に紹介していきます!!

専業主婦ママ

妊娠発覚・妊娠期間

妊娠届提出しよう

妊娠していることが発覚、確定したら役所や保健所へ妊娠届を提出してください!

妊娠届を提出すると母子手帳が交付されます!妊婦健康診査受診票などを受け取ることで

健診費の補助を受けることができます。

 

出産育児一時金の申請先を確認しよう

国民健康保険の加入者の場合は住んでいる市町村の役所へ確認してください。

旦那さんが加入している健康保険の被扶養者の場合は勤め先の健康保険へ確認してください。

 

出産育児一時金の直接支払制度が利用可能か産院に確認

 

○利用可能な場合

直接支払制度の書類をもらって記入してください。

ひろ
ひろ
妻が出産する産院は直接支払制度が利用できました!
産院によってはできない場合があるそうです。

×利用不可の場合

2つの方法があります。受理代理制度と産後申請方式になります。

【受理代理制度】

受理代理制度の書類をもらって記入。健康保険で申請書を手に入れ記入します。

産院で必要事項などを記入してもらい出産予定日2ヶ月以内になったら健康保険へ提出となります。

【産後申請方式】

健康保険で産後申請の書類をもらい、記入可能な箇所は記入してましょう。

出産の際に忘れずに持っていってください。

 

児童手当の申請に伴う手続き方法を事前に確認

児童手当は申請が遅れた場合、さかのぼって支給してもらえないそうです。

産後すぐに申請できるように、妊娠期間中に調べておくことがオススメ。

 

家族全員の医療費の領収書を集める

世帯全員の医療費ほか、妊婦健診費や妊娠期間中のトラブル発生時の受診費や入院費の領収書も保管しておきましょう。

通院にかかった交通費もメモを取りましょう。

 

乳幼児医療費助成の内容、手続き方法を確認

子供の医療費を援助してくれる制度があります。

乳幼児医療費助成は自治体によって内容や条件がことなります。

役所のホームページなどで確認しておきましょう。

 

出産

出産育児一時金の直接支払い制度の精算

出産入院時に産院へ健康保険証をを提出します。

分娩、入院費用が42万円を超えた場合は超過分を退院時に会計窓口にて支払いましょう。

42万円より安い場合は後日差額を健康保険に申請してください。

産後申請の場合は一度全額を病院に支払い、出産後に健康保険に申請し指定口座に振り込んでもらう形式となります。

 

出産後

出生届の提出

赤ちゃんが生まれてから14日以内に名前を決定し出生届を提出しましょう。

児童手当の申請

必要な書類を用意して、役所に提出しましょう。

可能であれば、出生届の提出と同じタイミングで役所へ申請することがオススメです。

赤ちゃんの健康保険加入

生まれてすぐ医療機関にかかる場合もあります。

出生届を提出後にすぐに赤ちゃんを健康保険に加入する手続きを行いましょう。

 

乳幼児の医療費助成の申請

健康保険加入後に役所で早めに手続きを行いましょう。

健康保険が手元にまだ届いていない場合でも手続きに応じてくれる自治体もあります。

 

確定申告

その年の医療費の領収書をの合計が10万円を超えた場合は所得税が戻ってきたり、住民税が下がる可能性があります。

翌年の1月頃に確定申告書を入手し、申告書と必要書類を税務署に提出します。

 

ひろ
ひろ
ここまでが専業主婦(ママ)の手続きとなります!!
奥さんは妊娠、出産、出産後と非常に大変な時期ですので
旦那さんが積極的にこういった対応は行ってあげましょう!

仕事継続ママ

妊娠発覚・妊娠期間

妊娠届提出しよう

妊娠していることが発覚、確定したら役所や保健所へ妊娠届を提出してください!

妊娠届を提出すると母子手帳が交付されます!妊婦健康診査受診票などを受け取ることで

健診費の補助を受けることができます。

出産育児一時金の申請先を確認しよう

国民健康保険の加入者の場合は住んでいる市町村の役所へ確認してください。

旦那さんが加入している健康保険の被扶養者の場合は勤め先の健康保険へ確認してください。

出産育児一時金の直接支払制度が利用可能か産院に確認

○利用可能な場合

直接支払制度の書類をもらって記入してください。

ひろ
ひろ
妻が出産する産院は直接支払制度が利用できました!
産院によってはできない場合があるそうです。

×利用不可の場合

2つの方法があります。受理代理制度と産後申請方式になります。

【受理代理制度】

受理代理制度の書類をもらって記入。健康保険で申請書を手に入れ記入します。

産院で必要事項などを記入してもらい出産予定日2ヶ月以内になったら健康保険へ提出となります。

【産後申請方式】

健康保険で産後申請の書類をもらい、記入可能な箇所は記入してましょう。

出産の際に忘れずに持っていってください。

家族全員の医療費の領収書を集める

世帯全員の医療費ほか、妊婦健診費や妊娠期間中のトラブル発生時の受診費や入院費の領収書も保管しておきましょう。

通院にかかった交通費もメモを取りましょう。

乳幼児医療費助成の内容、手続き方法を確認

子供の医療費を援助してくれる制度があります。

乳幼児医療費助成は自治体によって内容や条件がことなります。

役所のホームページなどで確認しておきましょう。

 

出産手当金・育児休業給付金の申請書をもらう

出産手当金の申請書には、医師や助産師の記入が必要な欄があります。

出産入院中に記入してもらえるように、申請書は産休前にもらっておきましょう。

育児休業給付金の必要書類も産休前にもらっておき、早めに手配をしておくことをオススメします。

 

出産

出産育児一時金の直接支払い制度の精算

出産入院時に産院へ健康保険証をを提出します。

分娩、入院費用が42万円を超えた場合は超過分を退院時に会計窓口にて支払いましょう。

42万円より安い場合は後日差額を健康保険に申請してください。

産後申請の場合は一度全額を病院に支払い、出産後に健康保険に申請し指定口座に振り込んでもらう形式となります。

出産後

出生届の提出

赤ちゃんが生まれてから14日以内に名前を決定し出生届を提出しましょう。

児童手当の申請

必要な書類を用意して、役所に提出しましょう。

可能であれば、出生届の提出と同じタイミングで役所へ申請することがオススメです。

赤ちゃんの健康保険加入

生まれてすぐ医療機関にかかる場合もあります。

出生届を提出後にすぐに赤ちゃんを健康保険に加入する手続きを行いましょう。

乳幼児の医療費助成の申請

健康保険加入後に役所で早めに手続きを行いましょう。

健康保険が手元にまだ届いていない場合でも手続きに応じてくれる自治体もあります。

 

出産手当金の申請

産後仕事を続ける人もいるでしょう。

産休中に給料が出ない場合に健康保険から支給されます。

出産入院中に医師や助産師に記入してもらった書類に勤め先にも記入してもらってください。

記入後、健康保険に提出します。

 

育児休業給付金の申請

産後57日目から子供の1歳の誕生日の前々日までが育児休業給付金の支給対象期間です。

待機児童などによって、保育園に入れない場合は2歳になる前日まで延長が可能です。

育休に入る前に申請書に必要事項を記入し、母子手帳の写しなどと一緒に勤め先に提出してください。

あとは勤め先の担当者が対応してくれます。

確定申告

その年の医療費の領収書をの合計が10万円を超えた場合は所得税が戻ってきたり、住民税が下がる可能性があります。

翌年の1月頃に確定申告書を入手し、申告書と必要書類を税務署に提出します。

 

ひろ
ひろ
ここまでが仕事継続ママの場合の手続きになります!!

仕事退職ママ

妊娠発覚・妊娠期間

妊娠届提出しよう

妊娠していることが発覚、確定したら役所や保健所へ妊娠届を提出してください!

妊娠届を提出すると母子手帳が交付されます!妊婦健康診査受診票などを受け取ることで

健診費の補助を受けることができます。

出産育児一時金の申請先を確認しよう

国民健康保険の加入者の場合は住んでいる市町村の役所へ確認してください。

旦那さんが加入している健康保険の被扶養者の場合は勤め先の健康保険へ確認してください。

出産育児一時金の直接支払制度が利用可能か産院に確認

○利用可能な場合

直接支払制度の書類をもらって記入してください。

ひろ
ひろ
妻が出産する産院は直接支払制度が利用できました!
産院によってはできない場合があるそうです。

×利用不可の場合

2つの方法があります。受理代理制度と産後申請方式になります。

【受理代理制度】

受理代理制度の書類をもらって記入。健康保険で申請書を手に入れ記入します。

産院で必要事項などを記入してもらい出産予定日2ヶ月以内になったら健康保険へ提出となります。

【産後申請方式】

健康保険で産後申請の書類をもらい、記入可能な箇所は記入してましょう。

出産の際に忘れずに持っていってください。

家族全員の医療費の領収書を集める

世帯全員の医療費ほか、妊婦健診費や妊娠期間中のトラブル発生時の受診費や入院費の領収書も保管しておきましょう。

通院にかかった交通費もメモを取りましょう。

乳幼児医療費助成の内容、手続き方法を確認

子供の医療費を援助してくれる制度があります。

乳幼児医療費助成は自治体によって内容や条件がことなります。

役所のホームページなどで確認しておきましょう。

 

健康保険・年金の変更手続き

退職するとこれまで加入していた健康保険や厚生年金の資格を失います。

自分で変更手続きは必要です。

・健康保険は「旦那さんの健康保険の被扶養者になる」

・国民健康保険に加入する。

・在職中に加入していた健康保険を任意継続する。

上記から選択して手続きを行いましょう。

失業給付金の受給期間延長の手続き

産後に職探しを検討している人はこちらの手続きも行いましょう。

失業給付の受給期間は原則、退職日の翌日から1年以内。しかし出産後はすぐに働けないので産後しばらく再就職する医師がある場合は、退職翌日から30日経過してから早めに失業給付の受給期間延長の手続きをしておくことをオススメします。

出産

出産育児一時金の直接支払い制度の精算

出産入院時に産院へ健康保険証をを提出します。

分娩、入院費用が42万円を超えた場合は超過分を退院時に会計窓口にて支払いましょう。

42万円より安い場合は後日差額を健康保険に申請してください。

産後申請の場合は一度全額を病院に支払い、出産後に健康保険に申請し指定口座に振り込んでもらう形式となります。

 

出産後

出生届の提出

赤ちゃんが生まれてから14日以内に名前を決定し出生届を提出しましょう。

児童手当の申請

必要な書類を用意して、役所に提出しましょう。

可能であれば、出生届の提出と同じタイミングで役所へ申請することがオススメです。

赤ちゃんの健康保険加入

生まれてすぐ医療機関にかかる場合もあります。

出生届を提出後にすぐに赤ちゃんを健康保険に加入する手続きを行いましょう。

乳幼児の医療費助成の申請

健康保険加入後に役所で早めに手続きを行いましょう。

健康保険が手元にまだ届いていない場合でも手続きに応じてくれる自治体もあります。

出産手当金の申請

産後仕事を続ける人もいるでしょう。

産休中に給料が出ない場合に健康保険から支給されます。

出産入院中に医師や助産師に記入してもらった書類に勤め先にも記入してもらってください。

記入後、健康保険に提出します。

育児休業給付金の申請

産後57日目から子供の1歳の誕生日の前々日までが育児休業給付金の支給対象期間です。

待機児童などによって、保育園に入れない場合は2歳になる前日まで延長が可能です。

育休に入る前に申請書に必要事項を記入し、母子手帳の写しなどと一緒に勤め先に提出してください。

あとは勤め先の担当者が対応してくれます。

確定申告(医療費控除)

その年の医療費の領収書をの合計が10万円を超えた場合は所得税が戻ってきたり、住民税が下がる可能性があります。

翌年の1月頃に確定申告書を入手し、申告書と必要書類を税務署に提出します。

 

確定申告(退職者の所得税還付申告)

年の途中で会社を退職した場合、退職者の所得税還付申告を行うことで、納めすぎた所得税が戻ってくる場合があります。

医療費控除と同時に行うことができます。

 

失業給付の申請

会社を辞めた時に失業給付金の延長手続きをした人は、出産後に求職活動を始める際、失業給付を受け取る手続きを行いましょう。手続きを行った日から1~2週間後には給付金を受給するための説明が行われます。

 

ひろ
ひろ
ここまでが、仕事退職のママの手続きになります!!
ひとみ
ひとみ
ママの仕事の有無によって
やらないといけない手続き変わるんやね!