Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
子育てのお金

子育てにお金について!出産育児一時金とは?!

ひろ
ひろ
妻がもうすぐ出産です!
出産が近いこともあり、出産育児一時金について調べてました!!

出産育児金はいくらもらうことができるのか?

健康保険に加入している(本人および扶養家族)なら健康保険の種類に

関係なく出産1人につき42万円の出産育児一時金が支給されます!

多胎の場合はもちろん人数分が支給となります。

健康保険組合、自治体によっては付加給付金がもらえる場合もあります。

ひろ
ひろ
42万円ももらうことができるんだね!
出産に伴いなにかと出費がかさむからこれは有難い!

出産育児一時金誰でももらうことができるのか?

出産する奥さんが会社員や公務員の場合は、加入している健康保険組合や共済組合、自営業や自由業の場合は、国民健康保険、専業主婦・パート場合で旦那さんの被扶養者であれば旦那さんの加入している健康保険からもうことができます。

妊娠・出産で退職する奥さんの場合は健康保険に加入していた期間が継続して1年以上あり、退職後6ヶ月以内の出産の場合奥さんの健康保険から受け取ることも可能です。

ひろ
ひろ
なるほど!
健康保険、国民保険などに加入していればもらうことができるんだね!

出産育児一時金はどうすればもらえるのか?

 

妊娠中

■支給を受ける医療保険を確認しよう

現在は直接支払制度または、受取代理制度で加入している、健康保険から産院への直接支払いが一般的となっています。

妊娠発覚を機に退職する人で、退職後6ヶ月以内に出産する人はこれまで勤めていた企業の健康保険からの支給も可能な場合がありますので、旦那さんの健康保険からもらうのか、奥さんの健康保険からもらうのかを決めてください。

 

産院退院までの期間

■直接支払制度か、受取代理制度かを決めよう

分娩予約から担任までの間に直接支払制度に関しての説明を産院から受けます。

直接支払いを了承した場合は産院から渡される書類に必要事項を記入して提出となります。

受取代理制度の場合は、出産予定日2ヶ月以内になることに書類に必要事項を記入し、加入先の健康保険に提出となります。

 

入院の際

■健康保険証を提示しよう

入院時に支給対象となる健康保険証を病院へ提示します。

退職された方で退職した企業の健康保険から出産育児一時金の支給を受けたい方は、

現在の健康保険証と退職した企業の健康保険の資格喪失を証明する書類の提出を行います。

 

退院・出産後

■実際の分娩、入院費用に応じて支払い、もしくは入金になります。

分娩、入院費用が42万円を超えた場合は超過分を退院時に支払いを窓口で行ってください。

42万円より安かった場合の差額は直接支払制度では、分娩費、入院費用の明細書と必要書類を医療保険者に提出することで1~2ヶ月半後に指定の口座へ支払いがされます。

受取代理制度の場合は、提出済みの出産育児一時金等支給申請書に記入してある指定口座に差額が自動的に振り込まれます。

 

 

産後申請の場合

産院退院までの期間

■直接支払制度を利用しない文書を病院側と取り交わすことが必要

病院で提示される直接支払制度に関する文書「利用しない」にチェックをします。

 

退院・出産後

■分娩、入院費を支払いましょう

退院時に産院の窓口で分娩、入院費の全額を支払います。

 

■産後申請書と合意書と入院費の領収書を提出しましょう

産後申請用紙に必要事項を記入。医療機関と取り交わした直接支払いを利用しないと合意書、分娩、入院費の領収書など必要書類を勤め先の総務部、健康保険組合、住んでいる市町村の役所など、加入している健康保険の指定申請先に提出します。

 

■申請後、2週間〜2ヶ月ほどで入金されます

申請してから2週間〜2ヶ月ほどで給付金が指定の口座に入金されます。

入金魔ので期間は健康保険、市町村によって異なります。

 

ひろ
ひろ
出産前から出産後までの手続きを
早めに理解しておくことでスムーズに手続き対応ができそうだね!!